リハビリテーション論

問題23

身体障害に関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1.胸髄損傷(thoracic spinal cord injury)は四肢麻痺を伴う。
2.頸髄損傷(cervical cord injury)は膀胱直腸障害を伴う。
3.脳性麻痺(cerebral palsy)は運動障害を伴う。
4.一定程度以上の視野狭窄は視覚障害に含まれる。
5.二分脊椎(spina bifida)は肢体不自由の原因となる。

答え:正解 1

1.× 胸髄を損傷すると、胴体や下半身の感覚がなくなる、体が動かなくなる、自律神経のコントロール(排尿の調節など)ができなくなるといった影響がありますが、手の機能はおおむね健全です。
2.○ 頸髄損傷では、四肢麻痺の後遺症のほか、排泄機能も障害を受けます。
3.○ 脳性麻痺では、運動機能の障害があります。
4.○ 両眼による視野の2分の1以上が欠けている場合は、視野障害5級に該当します。
5.○ 二分脊椎とは、先天的に脊椎骨が形成不全になって起きる神経管閉鎖障害であり、顕在性と潜在性のものがあります。さまざまな神経障害を伴い、肢体不自由の原因となります。

 

問題24

関節リウマチ(rheumatoid arthritis)とリハビリテーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.関節痛は単一の関節に起きる。
2.関節のこわばりは夕方に強い。
3.日常生活指導では、関節の保護を重視する。
4.物を持つときは、手・指等の小さな関節を活用する。
5.男性に多い疾患である。

答え:正解 3

1、2、4、5 × 関節リウマチは原因不明の全身疾患であり、30~50代の女性に好発しています。全身の関節がこわばり、痛み、はれが生じますが、朝の起床時に顕著です。物を持つときには、手・指などの小さな関節を使わなくても持てるような工夫を行うことが適切です。治療は薬物療法が中心に行われますが、適度な運動も有効とされています。
3.○ 日常生活指導では、関節の保護を重視しなければなりません。

 

問題25

精神障害者のリハビリテーションに関する次の記述のうち、適切でないものを1つ選びなさい。

1.薬物乱用者は対象となる。
2.急性期の精神障害者を主な対象とする。
3.作業療法は有効である。
4.集団精神療法は有効である。
5.デイケアへの参加は有効である。

答え:正解 2

1.○ 薬物乱用者もリハビリテーションの対象となります。
2.× 急性期だけでなく、回復期や維持期の精神障害者もリハビリテーションの対象です。
3.○ 精神障害者に対する作業療法は有効です。
4.○ 精神障害者に対する集団精神療法は有効です。
5.○ 精神障害者のデイケアへの参加は有効です。

 

問題26

リハビリテーションにおけるチームアプローチに関する次の記述のうち、誤っているものを一つ選びなさい。

1.それぞれの職種が専門性を発揮する。
2.他の専門職の業務を理解する。
3.障害に対する共通理解を持つ。
4.各専門職のアプローチを医師が決定する。
5.計画についての共通理解を持つ。

答え:正解 4

1、2、3、5 ○ リハビリテーションにおけるチームアプローチでは、それぞれが専門性を発揮することは当然ですが、他の専門職の業務も理解しておかなければなりません。また、リハビリテーション計画についての共通理解を持つためにも、障害に対する共通理解を深める必要があります。
4.× 医師が各専門職のアプローチを決定するのではなく、各専門職が共同してそれぞれのアプローチを決定していくことが重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ