介護技術

問題81

「開かれた質問」として、適切なものを1つ選びなさい。

1.「散歩に行きますか、それとも買い物ですか」
2.「気掛かりなことはどんなことですか」
3.「お部屋の明るさはちょうどいいですか」
4.「お生まれになったのはどこの県ですか」
5.「ご気分は良くなられましたか」

答え:正解 2

1、3、4、5 × 開かれた質問とは、「なぜ、どのように、どんな」など自由な回答を促す質問のことです。閉ざされた質問とは、「はい、いいえ」などで答えられるような質問のことです。
2.○ 「気掛かりなこと」は、はい、いいえでは答えられない。

 

問題82

利用者の健康状態の確認として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.嘔吐したので、腹痛はないか聞いた。
2.口腔内が乾燥していたので、水分摂取量を聞いた。
3.下肢に皮下出血があるので、打撲の有無を確認した。
4.日中うとうとしているので、呼びかけによる反応を見た。
5.排尿時の痛みを訴えたので、食欲の有無を聞いた。

答え:正解 5

1.○ 嘔吐した場合に、腹痛の有無を確認することは適切といえます。
2.○ 口腔内が乾燥している場合に、水分の摂取量を確認することは適切といえます。
3.○ 肢に皮下出血がある場合に、打撲の有無を確認することは適切といえます。
4.○ 日中うとうとしている場合に、呼びかけによる反応を確認することは適切といえます。
5.× 排尿時の痛みと食欲の有無には直接の関連はないことから、適切とはいえません。

 

問題83

一人暮らしのEさん(80歳)は、屋内の伝い歩きをし、調理はイスに座って行っている。Eさんの台所の環境整備として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.調理台周辺に部分敷きのマットを敷く。
2.床材は滑りにくいものにする。
3.調理台は高めにする。
4.シンクは深めにする。
5.調理台と食卓の間は広く空ける。

答え:正解 2

1.× 部分敷きのマットは、滑りによる転倒の原因となるので不適切です。
2.○ 伝い歩きをするEさんには、床材は滑りにくいものにする工夫が適切といえます。
3.× 調理はイスに座って行うことから、調理台は低めにするのが適切といえます。
4.× 調理はイスに座って行うことから、シンクは浅めにするのが適切といえます。
5.× 伝い歩きをするEさんには、調理台と食卓の間は広くしないほうがいいです。

 

問題84

介護保険制度で貸与又は購入できる福祉用具として、正しいものを1つ選びなさい。

1.認知症老人徘徊感知機器
2.ストマ用装具
3.義肢
4.補聴器
5.重度障害者用意意思伝達装置

答え:正解 1

1.○ 介護保険制度で貸与の対象となる福祉用具は、車いす、車いす付属品、特殊寝台、特殊寝台付属品、床ずれ防止用具、体位変換器(つり具の部分を除く)、手すり、スロープ、歩行器、歩行補助つえ、認知症老人徘徊感知機器、移動用リフトであり、購入費の対象となるのは、腰掛便座、特殊尿器、入浴補助用具、簡易浴槽、移動用リフトのつり具の部分です。→厚生省告示(平成11年)第93号・94号
2、3、4、5 ×

 

問題85

歩行補助具の使用方法として、正しいものを1つ選びなさい。

1.松葉づえは、腋窩で体重を支える。
2.歩行器型つえは、肘で体重を支える。
3.四脚つえは、握りをへその高さに調整する。
4.T字つえは、肘関節の屈曲が30度程度になるよう長さを調整する。
5.ロフストランド・クラッチは、肘を90度に曲げて使用する。

答え:正解 4

1.× 松葉づえは、腋窩ではなく手で体重を支えるようにします。
2.× 歩行器型つえは、肘ではなく手で体重を支えるようにします。
3.× 四脚つえの握りの位置は、腕を下ろしたときの手首の高さに調整します。
4.○ T字つえは、握り部分がT字の形状のものであり、肘関節の屈曲が30度程度になるよう長さを調整します。
5.× ロフストランド・クラッチは、前腕を通すカフとグリップの2ヶ所で体重を支えるものであり、肘を曲げずに使用します。

 

問題86

老化に伴う身体機能の変化とそれに合わせた食事の支援に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。

1.唾液分泌量の低下・・・・・食事の前に口腔内を水分で湿らせる
2.視力の低下・・・・・・・・主食の上に副食を乗せる
3.味覚の低下・・・・・・・・塩味を強くする
4.嚥下反射の低下・・・・・・顎を上げる姿勢で飲みこむ
5.腸の蠕動運動の低下・・・・食事の量を減らす

答え:正解 1

1.○ 唾液分泌量が低下した場合には、食事の前に口腔内を水分で湿らせると飲み込みやすくなるとともに誤嚥を防ぎ、有効です。
2.× 視力が低下した場合には、クロックポジションに従って食器を配置するなどの工夫が適切です。
3.× 老化に伴い味覚が低下した場合には、塩分の摂り過ぎに注意します。
4.× 嚥下反射が低下した場合には、顎を上げると嚥下の危険性が高まることから顎を下げる姿勢で飲み込むようにします。
5.× 腸の蠕動運動が低下すると便秘になりやすく、食物繊維の摂取量を増やします。食事の量を減らすだけでは効果は少ないです。

 

問題87

女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際の支援として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.上体を少し起こす。
2.下着を膝まで下ろす。
3.膝を伸ばす。
4.トイレットペーパーを陰部に当てる。
5.下半身に掛けるものをかける。

答え:正解 3

1.○ 女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際には、上体を少し起こすことで、排尿しやすくなります。
2.○ 女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際には、下着が汚れないように膝まで下ろすようにします。
3.× 女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際には、膝を立てるようにします。
4.○ 女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際には、汚れを防ぐためにトイレットペーパーを陰部に当てるようにします。
5.○ 女性がベッド上で差し込み便器を使用して排尿を行う際には、下半身に掛けるものをかけるなど、利用者の羞恥心にも配慮しなければなりません。

 

問題88

全身浴は半身浴と比較して循環機能に負担がかかる。その理由として、正しいものを1つ選びなさい。

1.発汗作用
2.温熱作用
3.精神鎮静作用
4.静水圧作用
5.浮力作用

答え:正解 4

1、2、3、5 × いずれも、循環機能に直接負担をかけるものではありません。
4.○ 全身浴は半身浴よりも水圧がかかることから、心臓や肺などの循環機能に負担がかかります。静止した水中で働く圧力が、静水圧作用です。

 

問題89

温罨法の作用として、正しいものを1つ選びなさい。

1.新陳代謝を抑制する。
2.局所の血管が収縮する。
3.交感神経を刺激する。
4.平滑筋が緊張する。
5.知覚神経の興奮を抑える。

答え:正解 5

1、2、3、4 ×
5.○ 温罨法とは、漢方医学の治療法であり、患部を温めることによって、副交感神経を刺激して、局所の血管の拡張、新陳代謝の活性化、平滑筋の弛緩、知覚神経の興奮を抑えるなどの効果があるとされています。

 

問題90

緊急時の応急手当として、適切なものを1つ選びなさい。

1.外傷性出血がある場合は、出血部位を清潔なガーゼで圧迫する。
2.倒れている人が呼吸していない場合は、すぐに回復体位をとらせる。
3.骨折した場合は、患部を心臓より低くする。
4.塩素系漂白剤を飲み込んだ場合は、すぐに吐かせる。
5.心肺蘇生する場合は、心臓マッサージ50回に人工呼吸1回の割合で行う。

答え:正解 1

1.○ 外傷性出血がある場合には、出血部位を清潔なガーゼで圧迫して止血します。
2.× 倒れている人が呼吸していない場合には、仰向けにするなど、気道を確保して速やかに人工呼吸を行います。回復体位では気道がふさがる危険があります。
3.× 骨折した場合には、うっ血を防ぐために患部を心臓より高くして固定します。
4.× 塩素系漂白剤を飲み込んだ場合には、すぐに吐かせるのではなく、牛乳を飲ませるなどの対応を行うとともに、早急に医師の診察を受けるようにします。
5.× 心肺蘇生する場合には、心臓マッサージ30回に人工呼吸は2回の割合で行います。

 

問題91

介護記録に関する次の記述のうち、適切でないものを1つ選びなさい。

1.文章は正確・簡潔に書く。
2.事実と解釈を区別し記録する。
3.日々の記録は行間を空けずに記録する。
4.利用者が読んでも理解できる記録を心がける。
5.指示されて行った事項は指示者に記録を依頼する。

答え:正解 5

1.○ 介護記録に関する文章は、正確・簡潔に書く必要があります。
2.○ 介護記録は、事実と解釈を区別し記録しなければなりません。
3.○ 介護記録では、日々の記録は行間を空けずに記録します。
4.○ 介護記録では、利用者が読んでも理解できる記録を心がけます。
5.× 指示されて行った事項は、指示により実施したことも介護記録に記載します。

 

(介護技術・事例問題1)

次の事例を読んで、問題92から問題94までについて答えなさい。

[事 例]
P市に住むFさん(85歳、男性、要介護1)は、下肢の筋力が低下し歩行に支障があり、室内の家具を使って伝い歩きをしている。調理と掃除の訪問介護サービスを週2回利用している。Fさんには知的障害のある娘(48歳)と二人暮らしであり、娘は日中、作業所へ通っている。今回の訪問時にソファーで横になって働こうとしないFさんであったが、髪は汚れひげも伸びていた。Fさんは前回の訪問時と同じシャツを着ており、洗濯かごには娘の衣類が入っていた。また、ソファーの下に湿布や鎮痛剤の薬の袋が落ちていた。

 

問題92

現時点でのFさんの生活をアセスメントする際に、優先されるものを1つ選びなさい。

1.洗濯の状況
2.入浴の状況
3.転倒の状況
4.睡眠の状況
5.娘の状況

答え:正解 3

1、2、4、5 × いずれも緊急性があるとまで言えません。
3.○ Fさんは、歩行に支障があり、最近、浴室で転んだと話しており、ソファーの下に湿布や鎮痛剤の薬の袋が落ちていることから、転倒の状況を確認して速やかに医師の診察を受けることも検討しなければなりません。

 

問題93

Fさんの状況を把握した訪問介護員の行動として、適切なものを1つ選びなさい。

1.介護支援専門員の訪問を待つように伝えた。
2.訪問介護サービスの「調理」と「入浴」に変更した。
3.事業所のサービス提供責任者に報告した。
4.介護内容の変更をP市役所に依頼した。
5.娘に家事を手伝うように指導した。

答え:正解 3

1.× 訪問介護員だけの判断で介護支援専門員の訪問を決定してはなりません。
2.× 訪問介護員だけの判断でサービスの変更をしてはいけません。
3.○ 事業所のサービス提供責任者に報告して指示を受けることが重要といえます。
4.× 介護内容の変更は、介護訪問員が行ってはなりません。
5.× 訪問介護員が利用者の家族に指導を行うことは不適切といえます。

 

問題94

数日後、回復したFさんは「自宅で入浴したい」と伝えてきた。安全に入浴するための助言内容として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.段差解消には、すのこ等を使用する。
2.シャワーチェアーを使用する。
3.滑らないバスマットを使用する。
4.石鹸をケースに入れて床に置く。
5.浴室と洗面所の温度差を少なくする。

答え:正解 4

1.○ 段差解消にすのこ等を使用することは、安全な入浴をするために有効です。
2.○ シャワーチェアーを使用は、安全な入浴をするために有効です。
3.○ 滑らないバスマットを使用は、安全な入浴をするために有効です。
4.× 石鹸をケースに入れて床に置くことは、転倒の危険性を高めることになります。
5.○ 浴室と洗面所の温度差を少なくすることは、安全な入浴をするために有効です。

 

(介護技術・事例問題2)

次の事例を読んで、問題95から問題97までについて答えなさい。

[事 例]
Gさん(95歳、要介護5)は妻(88歳)と二人暮らしで、5年前より寝たきりである。ベッドとエアマットの貸与を受け、日常生活は全介助である。Gさんは意思表示はでき、Gさんと妻の希望で自宅で終末期を過ごし、延命措置はしないという方針である。1週間ほど前から徐々に意識レベルが低下し、主治医からは「いつ亡くなってもおかしくない状態です」と言われ、訪問介護と訪問看護を毎日受けることとなった。

 

問題95

妻は時々、「夫に対して、今の生活で十分なことができているのかしら…」と言うことがある。妻に対する訪問介護員のかかわり方として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.Gさんの清拭は妻と一緒に行う。
2.妻からGさんとの今までの生活について傾聴する。
3.妻の悲嘆へのケアはGさんの死後から行う。
4.妻の体調不良がないか観察する。
5.妻が何でも相談できるような関係を構築する。

答え:正解 3

1.○ Gさんの清拭は妻と一緒に行うことは、Gさんだけでなく妻にとっても良い効果をもたらすと考えられます。
2.○ 妻からGさんとの今までの生活について傾聴することは、情報収集という意味だけでなく、家族とサービス提供者の間の信頼関係の醸成にも効果があると考えられます。
3.× 妻の悲嘆へのケアは現時点から行う必要があります。
4.○ 介護をする家族の体調の変化にも注意が必要といえます。
5.○ 妻が何でも相談できるような関係を構築することは重要といえます。

 

問題96

妻が「呼吸が止まったらどうしようと気になって、昨夜は眠れなかった」と言った。この場面で訪問介護員が行う妻への支援として、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.訪問看護師に頼んで今の状況や対応について説明してもらう。
2.「後悔しないように、もっと頑張りましょう」と答える。
3.「入院してもらってはどうですか」と提案する。
4.「そんな心配はないですよ」と答える。
5.主治医に睡眠薬を処方してもらうことを提案する。

答え:正解 1

1.○ 医療職からきちんとした説明を行うことは適切といえます。
2.× 夫のために頑張っている妻に「もっと頑張りましょう」と答えることは、妻の努力を否定することになります。
3.× Gさんと妻は自宅で終末期を過ごすことを希望しており、入院を勧めることは不適切です。
4.× 根拠のない、いい加減な答えは不適切です。
5.× 妻が眠れないのは夫のことが心配だからであり、睡眠薬の処方は不適切といえます。

 

問題97

Gさんは、意識レベルが低下してから、やせが目立ち、呼吸数が減り無呼吸も見られるようになってきた。訪問介護員は訪問看護師と連携体制をとっている。この時期の訪問介護員が行う介護として、適切なものを1つ選びなさい。

1.肩の皮膚に発赤が見られたので、1時間毎に体の向きを変えた。
2.呼吸が下顎呼吸になったが、様子を見た。
3.足にむくみが見られたので、踵の下に小さな円座を当てた。
4.口唇が乾燥していたため、ガーゼで湿らせた。
5.死期が迫っているので、妻にGさんから離れるよう伝えた。

答え:正解 4

1.× Gさんの状況からは、医師や訪問介護師の指示を仰いで行うべきです。
2.× 下顎呼吸とは、呼吸中枢の機能をほぼ失った状態でみられる異常呼吸であり、頭部を後ろに反らして、口をパクパクさせてあえぐような呼吸がみられます。この呼吸が見られた場合は、直ちに家族や医療職に連絡しなければなりません。
3.× 踵の下に円座を当てても足のむくみの改善には効果が薄いと考えられます。医療職の指示を仰ぐことが適切といえます。
4.○ 乾いた口唇をガーゼで湿らせることは適切といえます。
5.× 妻は夫の終末期を共に過ごすことを希望していて、離れているよう伝えることは不適切といえます。

 

(介護技術・事例問題3)

次の事例を読んで、問題98から問題100までについて答えなさい。

[事 例]
5年前に介護老人福祉施設に入所したHさん(87歳、女性)は、入所当初は移動には車いすの介助が必要であった。しかし、現在では車いすを自分で操作して移動し、何かにつかまれば2~3歩は歩行可能で、移乗と排泄は自立している。Hさんは歌が好きで社交的である。最近は視力と下肢の筋力の低下が目立ち始めた。また、1ヶ月前には同じ年で仲の良かった友人が亡くなった。Hさんは睡眠薬を服用するようになり、今日の明け方、入所後初めて失禁してしまった。Hさんは「こんなことになってしまって…」と泣きくずれた。

 

問題98

泣いているHさんへの共感的な声かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。

1.「泣くほど大変なことではないですよ」
2.「泣きたいほどつらいのですね」
3.「みんなが頼りにしていますから頑張りましょう」
4.「泣かれると私もつらいです」
5.「みなさんも同じですよ」

答え:正解 2

1.× 「泣くほど大変なことではない」というのは、Hさんの思いを否定することになります。
2.○ 「泣きたいほどつらいのですね」というのは、Hさんへの共感的な声かけに該当します。
3.× むやみな励ましはHさんに負担となり、共感的な声かけとはいえません。
4.× 「私もつらいです」とは共感でなく、単なる同情です。
5.× 「みなさんも同じです」というのは、共感ではなく、拒絶です。

 

問題99

Hさんの失禁への支援として、最も大切なものを1つ選びなさい。

1.おむつの使用を勧める。
2.水分を控えるよう勧める。
3.室内にポータブルトイレを置く。
4.一人でトイレに行かないよう伝える。
5.Hさんと一緒に今度の対応を考える。

答え:正解 5

1.× Hさんは今回が初めての失禁であり、おむつの使用は早過ぎます。
2.× むやみに水分を控えると脱水症状に陥る恐れがあります。
3.× Hさんは今回が初めての失禁であり、ポータブルトイレを置く状況ではありません。
4.× Hさんは移乗と排泄は自立しており、一人でトイレに行かせないのは不適切といえます。
5.○ Hさんと一緒に今度の対応を考えることは、Hさんにも良い効果をもたらすと考えられます。

問題100

Hさんの生活支援として、適切でないものを1つ選びなさい。

1.散歩に誘う。
2.足浴を行う。
3.ゆっくり話を聴く。
4.好きな歌を楽しむよう勧める。
5.行事の司会進行を依頼する。

答え:正解 5

1、2、3、4 ○ 散歩、足浴、話をゆっくり聞く、歌を楽しむというのは、いずれも、Hさんには取り組みやすく適切な支援といえます。
5.× Hさんの状況から考えれば、行事の司会進行は負担が重すぎるといえます。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ